血清クレアチニンとは

血清クレアチニンとは、血清、つまり血液の中の凝固物質を除いた上澄み液の中に含まれるクレアチニンのことです。血清クレアチニンがどれだけ含まれるかは、腎臓の問題の発見に大きく役立ちます。

 

クレアチニンはほとんどが筋肉で作られ、またこれを血清から尿へと排泄させる手段も腎臓しかありませんので、血清クレアチニンは筋肉と腎臓以外の要因が関与しにくい数字なのです。

 

もし血清クレアチニンの値が非常に高ければ、血清クレアチニンを排泄する腎臓の機能低下が疑われます。もちろん、クレアチニンは筋肉が代謝する物質と言うことで、この総量は筋肉の量に依存し、正常基準値も男女によって異なります。

 

したがって、個人差が大きいことから血清クレアチニンの値のみでは必ずしも正しい判断ができないことがあるため、尿中クレアチニンなど他の数値と組み合わせてみることが多いです。

 

ただし、いくらクレアチニンを代謝する筋肉が多くとも、腎臓が健康ならばクレアチニンが血清中に極端に多く残存することは無いと考えられていますので、いくら筋力トレーニングなどをしていて筋肉が多いといっても、クレアチニン高値に関して自己判断で甘めに見るのは危険です。

 

血清クレアチニン単独で見た場合でも基準値から上方向に大きく外れていた場合、問題だと認識してすぐに病院で検査などを行ってみることを強くお勧めします。逆に、筋肉の少ない人は健康でも基準値の下限付近や下限を少し超えることはままあることのようです。