クレアチニンの基準値

クレアチニンは筋肉の代謝によって発生する物質ですので、総産出量自体は個々の筋肉量によって大きく変わってきます。しかしながら、腎臓が正常に働いているならば、多少多く血液に流れ出たクレアチニンもその分速やかに処理して尿と共に排出するだけですので、極端な個人差が出ることはあまりありません。

 

一度回収されたクレアチニンが再度血液に流れ込むこともなく、血清クレアチニンは筋肉での発生から腎臓での回収の間のみの状態を示す値ですので、他の要素に影響されることがほとんどなく純粋に腎臓の機能を調べることができます。

 

ですから、もちろんクレアチニン値のみをもって正常・異常を語ることはできませんが、少しトレーニングをしていて筋肉が付いているからクレアチニンが高くても大丈夫などと勝手な判断をせずに、基準値から外れていたら生活を見直す必要があります。

 

前述の通りクレアチニンは筋肉によって産出されるため、男女によってその基準値が異なります。血清クレアチニン値は男性0.6〜1.2mg/dl、女性0.4〜1.0mg/dlが基準値となっており、尿中クレアチニンは男性20〜26mg/kg/day、女性14〜22mg/kg/dayが基準値となります。

 

腎臓以外の要素が含まれなければ血清クレアチニン値と尿中クレアチニン値はどちらかが高くなるともう片方は低くなるはずで、実際に問題となるケースのほとんどは血清クレアチニン値が高く尿中クレアチニン値が低くなります。ただし、血清クレアチニン値は筋肉と腎臓以外の要因が絡みにくい値ですので、血清クレアチニン値が高い時点で対策を考えるべきです。